人気ブログランキング |

秋谷の立石

 

昨夜は綺麗な星空を見たいと思い、湘南までのこのこ出かけてしまいました。
星空が好きと言っても、大きな天体望遠鏡を覗いたりする事ではなく、
ただ見上げれば見る事が出来る星空が好きなんです。
 
f0118426_19143177.jpg
 
長者が崎より(営業兼自家用車)
看板の右にはうっすらと富士が見えますが、自分の目では暗くて見えませんでした。

 

 

f0118426_19143254.jpg
  
月と秋谷の海
 

 

 

f0118426_19143173.jpg
 
秋谷の立石
岩と松の間に富士山を入れて撮るのが、マニアの行動パターンらしいです。
私には興味ないのでそんな写真家が増え始めた頃、私は帰る準備をしました。

by aoaka0717 | 2009-01-18 01:01 | 星空

 

朝の気配が東の空をほんのりと
ワインこぼした色に染めていく・・
 
この時間帯まさにそんな感じです。
(本当に上手く表現にするものだ。)
 
http://jp.youtube.com/watch?v=7tl9Kbsa-1s&feature=related
 
f0118426_19142960.jpg
 

 

 

 

f0118426_19142978.jpg
 
 
すぐ近くをチョロチョロしていたのに全く気にもしなかった被写体が、
朝の気配の中で浮かび上がってきました。
「なんだ、これは!」
西の空に浮かび上がろうとしている富士山の事も忘れてしまうほどの魅力。
 
私はきっと昼は素通り、夕方は気が付かない。
この時間だからこそ最も輝く女性達かな??
 

 

 

f0118426_19142918.jpg
 

 

 

 

f0118426_19143097.jpg
 

by aoaka0717 | 2009-01-17 10:31 | 神奈川県

一歩・・・・

 

平日の朝、いつもの様に目覚ましの音で起きる。
「どう、調子は?」
「おかげ様でだいぶ調子よくなりました。」
いつもと違う朝の挨拶。
 
f0118426_19142816.jpg
 
 
「今日早く帰るから。」
新聞片手に玄関のドアを開け、いつもの様に一歩を踏み出す。
所謂、平日の「ぼんさんがへをこいだ」というやつだ。
ある地方では「最初のだいいっぽ!」とも・・
いつもの最寄り駅への道はこの時期、丁度正面から日が昇り出す。
レンズを通して見ると最も人の姿が美しく見える時間でもある。
何気に歩く一歩一歩が美しい。足が一歩前へ出る事はとても幸せな事。
 

 


by aoaka0717 | 2009-01-13 21:53 | 心に感じるままに

この空の下で・・・

 

どうしたものか家内の微熱が今夜も治まらない。現状を察知している娘達が「今夜は自分達で作れるから写真を撮ってきてもいいよ。」と言ってくれました。お言葉に甘えて買い物ついでに6時頃まで空を眺めさせてもらいました。
f0118426_19142620.jpg
 
 

 

 

f0118426_19142675.jpg
 
 
日が沈んで暫くすると東の空からヌウォーっと出てきたお月様。
「今宵は満月?」 そのわりには出たての月の姿がジャガイモの様な・・・

 

f0118426_19142739.jpg
 
 

by aoaka0717 | 2009-01-11 21:48 | 都筑の公園

悠々と・・・

 

1月1日と同じ場所で迎える朝。
人は1月1日の朝日を特別な思いで迎えるけど、
むしろ冷たさを感じる今朝の方が綺麗な空だった。
1月1日なんて関係ない自然の動き。
なんて悠々としているのだろう・・・

 

 

 

f0118426_19142344.jpg
 
 

 

 

f0118426_19142367.jpg
 
 

 

 

f0118426_19142462.jpg
 
 

 

 

f0118426_19142476.jpg
 
 

 

f0118426_19142535.jpg
 
 

by aoaka0717 | 2009-01-10 10:59 | 東方農業特別区

「沙」と「砂」

学生時代どの授業にも興味を持たなかった私ですが、唯一興味を持った「証券市場論」
この興味にもっと近づきたいと思った事が今の仕事に繋がっています。
気になるととことん追求しないと治まらない私は、「月の沙漠」の「沙」が気になり、どうして「砂」ではなく「沙」なのか調べてみました。すると私が想像した事と全く違う事がわかりました。
この歌の作者(加藤まさを氏)はラクダが渡っていく砂浜ではなく、月の光に照らされて金色に輝きながら、次々にうち寄せる波の連なりの事を詩にしたので、「砂」でなく「沙」を使ったといわれています。
しかし私は同じ場所で全く違う事を思いながらこの場所に居ました。出来上がった歌「月の沙漠」と記念に建てられたラクダの像を通して、「何処までも果てしなく広い砂漠と空」「その中を何日もひたすら歩くラクダの姿」「そこで見える空の移り変わり」そんな光景とダブらせながらこの記念像に釘付けになっていたようです。

f0118426_19142020.jpg
f0118426_19142125.jpg
東の空から出てくる満月の月の光に照らされた海岸、どれほど素晴らしいのだろう。
f0118426_19142176.jpg

by aoaka0717 | 2009-01-06 22:19 | 群馬・栃木・千葉・埼玉

御宿海岸(月の沙漠)

千葉県(御宿)までkiki姫さんと一泊二日の旅をしてきました。
今回は宿泊先から運転と何から何までkiki姫さんにお世話になりました。
結局思う事が似ているのでしょうか、訪れる観光客がコースの一部として「月の沙漠」を訪れる中、私達二人は他を観光する事も無く、朝・昼・夜とここを訪れました。ラクダの回り半径100メートル以内をずっとチョロチョロする物好きな観光客はまず居ない事でしょう。
しかしながら私の携帯電話機能はショボ過ぎますね。携帯電話から投稿した写真を見ましたが、こんな豆粒の様な写真何だかわかるわけが無いでしょうね。 (少し暗いので自動補正しました)

f0118426_19141728.jpg
(昨夜)
今日の日の出の「月の砂漠」を撮った後、太陽でキラキラする海岸とカモメを撮って遊びました。
f0118426_19141879.jpg

f0118426_19141897.jpg


by aoaka0717 | 2009-01-04 18:18 | 群馬・栃木・千葉・埼玉

農業地区で迎える初朝

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

昨夜はダウンタウンのTVで笑いまくり腹筋を鍛えました。その後女性陣はジャニーズカウントダウンでノリノリ。勿論私は全く乗れず、お地蔵さんの様に硬直したままでした。これではいけないと外に飛び出しました。

星を撮ったり車の中で寝たりして朝を迎えました。

まだ娘達は熟睡しています。昼から義母のお墓でも行ってひと寝入り。(予定)

http://photozou.jp/player/maxvideo.php?photo_id=16513391&album_id=534230&user_id=175043&lang=ja&url=http://art9.photozou.jp/pub/43/175043/video/16513391_58b3550dac326ca91796a7b44aaf250f.flv&ver=2.052

(尻切れトンボ編スライドショーにしてみました。)

f0118426_19141610.jpg

f0118426_19141659.jpg


by aoaka0717 | 2009-01-01 10:39 | 東方農業特別区