<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

MIDNIGHT YOKOHAMA

f0118426_2128482.jpg




娘Aは二週間ほど前に突発性難聴になりました。幸い耳鼻科で働いた事がある家内が症状を聞いてすぐにその疑いを持ち病院に連れて行ったため完治する可能性も高いようですが、今のところまだ治療中で部活も休部状態。
時間が余ってしょうがないのか夜遅くに「寝れないからどこかドライブに連れて行って?」と私にお願いしてきました。
「あぁ、いいよ。じゃあ普段見ることが出来ないみなと未来に連れて行ってあげるよ。」
ストレス解消になるならたまには真夜中のみなと未来を見せてあげることにしました。

夜を楽しむ人々で賑やかなみなと未来も午前0時に観覧車のライトアップが終わり、電車がなくなる頃になると賑やかな街から人の姿もなくなり漂う様な街に変わります。この時間、この場所にいる人は二人の世界を楽しむカップルや夜釣りをする人、終電に取り残された人・・・。
マクドナルドで購入したコーヒーとポテトを手に娘も初めて見るみなと未来の姿に少々酔っているかの様。
私は変なおじさんに間違われるのも嫌なので少しだけ離れながらも娘をひとりにしないように監視。



f0118426_2128538.jpg





f0118426_2128636.jpg

[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-29 21:55 | 神奈川県

カルガモ珍レース

f0118426_2128112.jpg
chr(hex 160)


いちについて~ よ~ぃ


f0118426_2128272.jpg



ドン!


f0118426_2128365.jpg



(・。・;   (・へ・)   (・ω・)ノ


f0118426_2128347.jpg



\(^o^)/ ☆彡




はとやま~<`ヘ´>
[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-25 23:29 | 都筑の公園

西日の頃

f0118426_21275717.jpg


昨日久しぶりに学校近くの高台から町を眺めました。
一枚目は傾く太陽に対して順光になる東の方角。
向こうに見えるビル群は新横浜とみなと未来のビル群です。
二枚目は傾く太陽に対して逆光となる西の方角。

家々はそれぞれ大きさに違いはあるものの、ここから見下ろす家々はどれもそれほど変わらないんだ。
だから何かあった時はみんなで助け合わなければね!



f0118426_21275982.jpg

[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-23 23:53 | 心に感じるままに

雨があがったよ^^

f0118426_21275434.jpg




f0118426_21275528.jpg




f0118426_212755100.jpg

[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-23 14:15 | 都筑の古民家

紫陽花

f0118426_21275377.jpg


花言葉は「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」といろいろあるようですが、
ひとつひとつ当てはめてみると「そうかなぁ・・・」「なんとなくそんな感じかな・・・」と思う程度。
私個人的には色とりどりの紫陽花をレンズ越しに覗いて思うのは「紫陽花って色作りの職人」
[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-17 00:36 | 四季の花々

白馬村の星空

最も楽しみにしている女性陣の食事に対して私の最も楽しみな星空の時間。
食後ホテルの温泉に行った3人をよそに私は熱い風呂は後回しにしてホテル近くでとりあえず星が出てるかを確認。


f0118426_21275017.jpg


この辺りは他のホテルや旅館の明かりがあるのだろうか少し明るい感じです。
水田に写る星の軌跡を撮ろうとしたのですが一台の車が横ぎったところで終了。



f0118426_21275184.jpg


夜も更けて3人が寝る頃に再びもう少し暗い場所まで出かけました。
ここは数年前の長野オリンピックであの日の丸飛行隊が日本中を沸かした白馬ジャンプ競技場です。
昼間みんなでちょろちょろ観光した時に周囲の状況や太陽の位置を参考におおよその方角をチェックしておきました。
一番奥の駐車場からジャンプ台方向、北西~西の空です。
暗い星空を見慣れない私にはあまりに星の数が多過ぎて何が何だか?といった感じでしたが、とりあえず目印の星座を探したりしながらしばし満天の星空を楽しみました。



f0118426_21275140.jpg


もう少しわかり易くレンズを広角から標準に換えてみます。
ジャンプ台建物すぐ上におおぐまの胴体と尻尾部分にあたる北斗七星の一部分が写ってます。
写真左上には7つ星が冠を描く冠座(視力検査でいうと「え~・・・、左上?」)
この特徴ある二つの星座を見つけるとその間にあるのがうしかい座(写真左下の最も明るい星はうしかい座を構成するひとつで1等星のアークトゥルス


こんなことをして遊んでたものだから昼間は助手席で終始うとうと。後ろでは毎日スーパーで買い物をしてる女性二人が延々1円刻みでお金の計算。(なんだかめんどくさい事してるね^^)

私より10歳以上も年上の○○さんはずっと運転。普通の会社なら10歳以上も年上の役員さんに運転してもらうなんて常識で考えてありえませんね。私も少し気になりましたが全く文句も言わず気をよく運転して下さりありがとうございました。さすが長野育ちだけあって山道の運転も身を預けて寝れるほど完璧でした^^
[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-15 13:50 | 星空

星空の栂池高原

晴れの確率の高さ同様にどうしても14日、15日より一週早める事を望んだ理由は月明かりが全く無い夜だから。
いくら街明かりが少ない場所でも月明りがあるのとないのでは見える星の数が全く違います。
一緒に行った他の3人を誘っても「どうぞ~」と食べて温泉入ってあとはぐっすり寝る事を選びました。
そりゃそうですね。普通の旅行者ならこれが普通。

f0118426_21274770.jpg


栂池レストハウス付近より南の空


f0118426_2127487.jpg


電柱付近にさそり座、写真左辺りにいて座。


f0118426_21274858.jpg


振り返ってチャンピオンゲレンデのある方向。
丁度、チャンピオンリフトの屋根の上部分に北斗七星が写ってます。で、こちらが北の方角。
[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-13 00:25 | 星空

北アルプスと水田鏡

f0118426_21274040.jpg



何年振りだろうか、以前一緒に旅行した気心の知れた会社の仲間と一泊二日の白馬旅行をしてきました。
最初6月15,16日の予定でしたが過去10年の白馬の6月の天気を調べると確率的には半ばより前半の方が晴れる確率が高く急遽一週早い8,9日に変更。この選択は正解となり梅雨時とは思えないほどの快晴となってくれました。
学生時代の冬、毎日眺めていた大好きな白馬連峰もこれ以上ない素晴らしい姿を魅せてくれました。
(下の写真にマウスを置くとそれぞれの山の名がわかる様になります。)


f0118426_21274189.jpg




f0118426_21274210.jpg

水田に映る五竜岳


f0118426_21274368.jpg

大出地区から望む白馬連峰と白馬村
[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-10 23:19 | 信州

一射入魂

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by aoaka0717 | 2013-06-01 18:20 | 心に感じるままに